MAYAJUNEプロデュースのドキュメンタリー、アマゾンプライムに登場!

「MAYAJUNEのThe Dream、夢を叶えるプロジェクト」
この度、ついにアマゾンプライムでもご覧いただけるようになりました。

見放題アマゾンプライム会員の方はクリック一つでご覧いただけます。

こちらをクリック!

【引き(マイナス)のメイク】歳を取れば取るほど大事なこと★アラカン世代必見!

キレイの秘密

【引き(マイナス)のメイク】今から多分20年くらい前のことだと思うけれど、タレントのピーターさんが何かの番組か雑誌のコメントだったかで言っていた言葉。

「歳を取れば取るほど、引き(マイナス)のメイクをした方がいいんですよ」と。

強烈な印象があって、今でもその言葉をふとしたときに思い出します。

スポンサーリンク

厚塗りは逆効果

歳を取ると、ついシミやシワをカバーしようと厚化粧になってしまいがち。

でも、ファンデにしてもパウダーにしても塗れば塗るほどシワを目立たせてしまう。

アイメイクやリップも色味が濃くなってくると、エレガントさや透明感が失われてしまう。

若い時は、それでもファッションとして受けいられ、カッコよく見えるのですが、年齢がいっての厚化粧は逆効果というのです。

よっぽどのメイクのプロにしてもらうなら別ですが、普通一般の女性たちはそこまでのメイクの技もないので、お肌の状態が悪いときにパウダーファンデを厚く塗っても浮き出てしまうだけ。

カバーよりも、スキンケアに重点を

そんなわけで、20年経った今でもメイクのたびにその言葉を思い出します。

ナチュラル感があって透明感のあるメイクが理想です。

そこで、私が日頃心がけていることは、カバーすることよりも地肌に気を使うこと。スキンケアとプロテクションに重点を置いています。

アリゾナとLAを行ったり来たりの日々だと、やはり強い日差しの中で過ごすことが多いので、紫外線からのプロテクションにはすごく注意をしています。

特にアリゾナで暮らしていたときには、ちょっと、外へゴミ出しとかでも、まだ午前中の日差しの弱い時間にちょっとテラスに出てみようという時でも、メイクはしなくても日焼け止めはつけるようにしていました。

強烈な日差しだからと、アリゾナにいるときには余計に注意するということもあるので、返ってシミになることがなかったと思います。

しかし、東京で過ごすときには曇りや雨の日も多く、それほど体感として強い日差しを感じないこともあり、結構油断してしまいがち。こういうときこそ要注意なのです。

めんどくさーい!が、積み重なると、気がつくとシミが広がって、ビタミンCくらいでは取れなくなってしまっていたりするんですよね。

プロテクションとスキンケア

日焼け止めクリームに関しては、アリゾナでは春先になると、スーパーマーケットやドラッグストアには巨大な特別コーナーができて、すごい種類の日焼け止めが並びます。

ボディー用やフェイス用、アンチエイジング用など様々です。

色々な種類を試してみたところ、フェイス用のサンプロテクションクリーム選びのポイントは、白くならない!というのが基本です。

私が使っているのは、Sports Face用のSPF70というコレです。

Amazon | Neutrogena Ultimate Sport Face SPF#70 73 ml (並行輸入品) | Neutrogena | UVカット・日焼け止め 通販
Neutrogena Ultimate Sport Face SPF#70 73 ml (並行輸入品)がUVカット・日焼け止めストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

次にお勧めなのは、こちら。

Amazon | Aveeno アビーノ 日焼け止め ローションSPF-50 protect+hydrate Sunscreen Lotion(平行輸入品) 85g (3Oz) | Aveeno | UVカット・日焼け止め 通販
Aveeno アビーノ 日焼け止め ローションSPF-50 protect+hydrate Sunscreen Lotion(平行輸入品) 85g (3Oz)がUVカット・日焼け止めストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

そして、スキンケアは、先日の投稿でもご紹介しましたが、好きなアイテムを複数持っていて、肌が慣れてきた頃に変えてみるようにしています。

先日の投稿を見ていない人はこちらから

美容とリラックスの為のお風呂タイム

そして、お風呂タイムを十分な時間とって、パンパースデーを作るようにしています。

好きな香りをバスタブに入れて、リラックス。

最近、私にとってはすごい発見!なのですが、

iPhoneを挟むマウントを利用して、バスタブの横におけるようにしたところ、お風呂に浸かりながらYouTube動画などを見たりできるようになって、一層バスタイムが楽しめるようになりました。

シャワーをしてシャキッとしたら、ボディーローションにアロマオイル(私はグレープフルーツが好き)を数滴たらして保湿します。

フェイスのほうは、シートパックをしながら、キッチンに行って炭酸水(ペリエが好き)を飲んで一休み。というようなルーティーンを週1回くらいしております。

日本では、毎日でもお風呂に入る習慣があるので、それぞれの方法でバスタイムを楽しめるのはいいですよね。日帰り温泉などもあるし。

アメリカでは、やはり通常はシャワーのみということが多いので、あえてバスタイムを作るようにしています。

理想的に美しく歳を重ねる

昔、10歳くらい年上の女友達から言われたこと、「女性は誰でも45歳くらいまではそれなりに美しいのよ。でも、50歳過ぎてくると意識が高い人とそうでない人は、すごい差が出てくるのよね。還暦過ぎるともうテキメンの差よ。注意しないとね。」と。

その当時は、「ほぉ〜、そんなものなのかぁ。注意しないと私も。」くらいに思っていましたが、自分が還暦を過ぎた今、本当に彼女の言っていた意味が身に染みております。

外見もそうですが、内面、体力の衰えなども感じてくるので、健康管理も大事ですね。そして、精神面、メンタルにおいても健康であることもとっても大事だと感じています。

そんな中、歳を重ねた事による洗練されたエレガントさと貫禄、クラッシーで上品な優しさのある女性になれたらと思っています。

【予告編】近日公開!ノーカット版対談 ★本田健 vs MAYAJUNE

タイトルとURLをコピーしました